ジンバル撮影・映像制作 タケル東京ランドスケープ

タケル東京ランドスケープ PCサイトメニュー

ジンバル撮影・映像制作

私:タケルが一人ですべての撮影業務をお受けします。ジンバル・スタビライザーでのカメラワークはもちろん、ディレクターや監督の指示に従って遅滞なく撮影を進めて参ります。また、人手が必要な場合はアライアンスパートナーをアサインします。

参考見積価格

仮に、ジンバルによる景観撮影・移動映像の撮影に2時間、納品する動画の長さを2分迄とした場合の見積例です。

打ち合わせ

無料

動画撮影 基本料(2〜3時間拘束)

50,000円〜

編集料(最終仕上げ 3〜5分)

50,000円〜

監督・ディレクション・企画・演出

100,000円〜

音声収録が必要な場合は、2名体制での撮影となります。(プラス50,000円〜)

撮影に必要なカメラ・機材などは、すべてタケル東京ランドスケープのスタッフが持参します。

料金はロケーション・撮影内容・ご要望等により異なります。

※撮影は、ジンバル・三脚固定いずれも対応可能です。

※撮影実績として、当サイト並びにソーシャルメディアに掲載する場合があります。

※お客様の必要とするカット・シーンを撮影しますが、ご要望に答えられない場合がありますのでご了承ください。

所有機材

カメラ:

SONY α7SII, α7RII

 

ズームレンズ:

SONY E PZ 18-105mm F4 G OSS / SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM, 50-100mm F1.8 DC HSM

 

ライカレンズ:

LEICA Super Angulon-R 21mm f4, Elmarit-R 28mm F2.8, Summicron-R 35mm F2, Vario Elmar-R 35-70mm F3.5, Summilux-R 50mm F1.4, Summicron-R 50mm F2, Macro Elmarit-R 60mm F2.8, Viso Elmar 65mm F3.5, Elmarit-R 90mm F2.8, Elmarit-R 180mm F2.8

 

単焦点レンズ:

Voigtländer ULTRA WIDE HELIAR 12mm F5.6 II, SUPER WIDE HELIAR 15mm F4.5 II, ULTRON 21mm F1.8, COLOR SKOPAR 21mm F4P, COLOR SKOPAR 25mm F4P, COLOR SKOPAR 35mm F2.5PII, NOKTON classic 40mm F1.4, HELIAR classic 75mm F1.8 / LAOWA 12mm F2.8 ZERO-D, 他

 

ジンバル:

PILOTFLY T1, H2, ADVENTURER / DJI RONIN-S, OSMO MOBILE 2, OSMO MOBILE 3 / Gudsen MOZA AirCross

ジンバル作例

この他にも、私のYouTubeには多くの作例をアップしてありますのでご参考ください。

 

タケル東京ランドスケープ TOPジンバル講習ジンバル撮影ジンバルとは?ごあいさつお知らせお問い合わせ

当サイトに掲載されている情報・写真等を無断で掲載・転用することを禁じます。

Copyright © 2020 タケル東京ランドスケープ. All Rights Reserved.