映像制作のご相談・ご依頼 タケル東京ランドスケープ

タケル東京ランドスケープ PCサイトメニュー

ジンバル撮影・走り撮りに特化したシネマトグラファー:タケルが一人でジンバル撮影業務をお受けします。主に都市景観:ビル街・建造物・商業施設などを撮影しています。映像作例につきましては、私のYouTubeチャンネル“タケル東京ランドスケープ”をご参照ください。映像作例をご覧いただければ一目瞭然、ブレのない安定した映像を制作いたします。ぜひ、私にジンバル撮影をご依頼ください。

ご相談・ご依頼の流れ

1)まずは、お問い合わせフォームよりご連絡ください。折り返しメールまたは電話にてご連絡いたします。

2)撮影内容・納期確認などの打ち合わせ後にお見積書を提示いたします。

3)見積内容を了承いただけた段階で、ロケハン(現場確認・現地の下見)に伺います。

4)スケジュールを調整し本番の撮影に伺います。

5)撮影後は納期に合わせて映像の編集に取り掛かります。

6)私のVimeoアカウントより内容をご確認いただき、了承いただけましたらダウンロードいただき納品完了です。(パスワードロック状態でアップロードしております。)

ジンバル撮影・制作のご依頼

参考見積価格

仮に、ジンバルによる景観撮影・移動映像の撮影に2〜3時間、納品する動画の長さを2〜3分とした場合の見積例です。

打ち合わせ

無料

動画撮影 基本料

100,000円〜

機材費

50,000円〜

編集費

100,000円〜

2021年03月01日現在

※音声収録が必要な場合は、2名体制での撮影となります。(プラス70,000円〜)

※撮影に必要なカメラ・機材などはすべて持参します。

※料金はロケーション・撮影内容・ご要望等により異なります。

※撮影は、ジンバル・三脚固定いずれも対応可能です。

※お客様の必要とするカット・シーンを撮影しますが、ご要望に答えられない場合がありますのでご了承ください。

※モデルを手配する場合は、別途モデルキャスティングフィーをいただきます。

ジンバル撮影・制作のご依頼

クリエイティブ

ディレクターが立ち会わない現場、また撮影監督が居ない現場は以下別途料金がかかります。その場合、撮影・編集を含めすべてお任せいただく形になります。

ディレクション・監督・演出

150,000円〜

企画

200,000円〜

所有機材

ジンバル:

DJI RS2, RSC2, OSMO MOBILE 3, OSMO MOBILE 2

PILOTFLY T1, H2

Gudsen MOZA AirCross

カメラ:

Nikon Z6II, Z6, Zfc

SONY α1, FX3

レンズ:

NIKKOR Z 24-200mm f/4-6.3 VR, NIKKOR Z 20mm f/1.8 S, NIKKOR Z 50mm f/1.8 S, NIKKOR Z 85mm f/1.8 S

その他、多数所有

ジンバル撮影・制作のご依頼

ジンバル作例

この他にも、私のYouTubeには多くの作例をアップしてありますのでご参考ください。

 

TOPジンバルによる建築動画撮影ジンバル撮影の導入事例ジンバル撮影・映像制作ジンバル講習ポートレイト撮影・講習モデル キャスティングジンバル映像素材ごあいさつお知らせお問い合わせ

ジンバル用語集リンク集

当サイトに掲載されている情報・写真等を無断で掲載・転用することを禁じます。

Copyright © 2022 Takeru Tokyo Landscape. All Rights Reserved.